Journals List

Purchasing Pay Per View articles
1.Creating a Personal Account
2.Personal Log In
3.Searching Articles
4.Payment

Most viewed content this month

  • 消化器外科ナーシング
    2009年 14巻 1号
    p.117 –120
    【投稿】
    開腹手術患者における腹帯の使用は有用ではない
    著者: 北村公美

    腹帯とは、「創部を広範囲に支えることで創部からの出血、滲出液の防止、ガーゼの固定や創痛、不快感を和らげ、患者の離床を容易にするために用いる」(看護大事典)とある。従来より多くの病院で、開腹手術の術後には腹帯を使用することが習慣となっており、…

  • 医学のあゆみ
    2012年 241巻1号
    p.89 -93
    インフルエンザの臨床
    RNAポリメラーゼ阻害薬―ファビピラビルの有効性と安全性
    著者: 小林 治

    ファビピラビルは富山化学工業が独自に開発中の新規抗インフルエンザ薬である.その作用機序はウイルスのRNA ポリメラーゼ阻害であり,…

  • 医学のあゆみ
    2008年 224巻13号
    p.1030 –1034
    病理と診断
    大細胞神経内分泌がん(LCNEC)─その臨床と病理
    著者: 永井完治

    肺の大細胞神経内分泌がん(LCNEC)は,1999年にWHOの肺がん組織分類が改訂1)になり,大細胞がんの一亜型として加えられた.したがって,LCNECは非小細胞がんのひとつとして扱われている.しかし,悪性度は小細胞がん(SCLC)に…

バスキュラー・ラボ
2009年 6巻1号
p. 98 –101
血管疾患診療ガイドライン−血管疾患診療の際に知っておくべき基礎知識−
ルリッシュ(Leriche)症候群
著者: 横山広行

ルリッシュ(Leriche)症候群(血栓性大動脈分岐閉塞症)の概念について述べることにする.腎動脈分岐部以下の腹部大動脈から動脈閉塞が始まり,…


  • Biotherapy
    2011年 25巻2号
    p. 603 –608
    【総説】
    ヘプシジン(hepcidin)―そのがん性貧血における意義
    著者: 川端浩

    ヘプシジン(hepcidin)は,もともとは肝臓で産生される抗菌ペプチドとして発見され,現在ではむしろ体内の鉄のホメオスタシス維持に中心的な役割を果たす液性因子として広く認知…

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access