Journals List

Purchasing Pay Per View articles
1.Creating a Personal Account
2.Personal Log In
3.Searching Articles
4.Payment

Most viewed content this month

  • Biotherapy
    2011年 25巻2号
    p. 603 –608
    【総説】
    ヘプシジン(hepcidin)―そのがん性貧血における意義
    著者: 川端浩

    ヘプシジン(hepcidin)は,もともとは肝臓で産生される抗菌ペプチドとして発見され,現在ではむしろ体内の鉄のホメオスタシス維持に中心的な役割を果たす液性因子として広く認知されている。ヘプシジンの発現は鉄負荷とインターロイキン6などの炎症性サイトカインによって増加し,低酸素状態や赤血球造血の亢進状態で低下する。…


  • バスキュラー・ラボ
    2009年 6巻1号
    p. 98 –101
    【連載】
    ルリッシュ(Leriche)症候群
    著者: 横山広行

    ルリッシュ(Leriche)症候群(血栓性大動脈分岐閉塞症)の概念について述べることにする.腎動脈分岐部以下の腹部大動脈から動脈閉塞が始まり,総腸骨動脈分岐部周辺までに限局した慢性の大動脈閉塞症であり,…

  • 透析ケア
    2009年 15巻10号
    p. 1018 –1019
    【特集】
    スチール症候群
    著者: 室谷典義

    スチール症候群とは、シャント作製により吻合部から末梢の動脈血流が障害される病態をいいます。動脈血がシャント吻合部から静脈に多く流入するため、…

消化器外科ナーシング
2009年 14巻1号
p. 117 –120
【投稿】
開腹手術患者における腹帯の使用は有用ではない
著者: 北村公美

腹帯とは、「創部を広範囲に支えることで創部からの出血、滲出液の防止、ガーゼの固定や創痛、不快感を和らげ、患者の離床を容易にするために用いる」(看護大事典)とある。従来より多くの病院で,…


  • 内科
    2013年 112巻1号
    p. 91 –95
    【特殊な状況と合併症への対応】
    ステロイド精神病
    著者: 西村勝治

    ・ ステロイドは精神症状の発症リスクがもっとも高い薬剤の一つであり,自殺のリスクは7 倍に上昇する.・ 気分障害(躁病,うつ病,混合性の各エピソード),精神病性障害,せん妄,軽度認知障害など多彩な臨床症状…

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access