Journals List

Purchasing Pay Per View articles
1.Creating a Personal Account
2.Personal Log In
3.Searching Articles
4.Payment

Most viewed content this month

  • 消化器外科ナーシング
    2009年 14巻 1号
    p.117 -120
    【特集】
    開腹手術患者における腹帯の使用は有用ではない
    著者: 北村公美 ほか

    腹帯とは、「創部を広範囲に支えることで創部からの出血、滲出液の防止、ガーゼの固定や創痛、不快感を和らげ、患者の離床を容易にするために用いる」(看護大事典)とある。従来より多くの病院で,…

  • 透析ケア
    2009年 15巻 10号
    p.1018 -1019
    【特集】
    2-5  スチール症候群
    著者: 室谷典義

    スチール症候群とは、シャント作製により吻合部から末梢の動脈血流が障害される病態をいいます。動脈血がシャント吻合部から静脈に多く流入するため、…

  • 癌と化学療法
    2013年40巻13号
    p.2475 -2480
    【特集】
    世界のがん罹患と死亡の現状と動向
    著者: 雑賀公美子

    がん罹患を国別に比較した場合,差の大きな部位としては,日本,中国,韓国を含むアジアに多い胃がん,肝臓がん,欧米に多い膀胱がんがある…

癌と化学療法
2008年35巻6号
p.900 -905
【特集】
抗癌剤髄腔内投与
著者: 程塚明 ほか

中枢神経系の悪性腫瘍の特異な進展形態として,髄腔内播種があげられる。これは腫瘍細胞が脳脊髄液を介して脳表やクモ膜下腔,さらには脳室内や…


  • 最新医学
    2013年68巻4号
    p.820 -826
    【連載】
    嗜銀顆粒性認知症の鑑別診断
    著者: 北村公美 ほか

    嗜銀顆粒性認知症(AGD)は,Braak が命名した嗜銀顆粒の出現を特徴とする,病理学的に定義された疾患であり,大陸欧州での認知度は高い…

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access