Journals List

Purchasing Pay Per View articles
1.Creating a Personal Account
2.Personal Log In
3.Searching Articles
4.Payment

Most viewed content this month

  • 消化器外科ナーシング
    2009年 14巻 1号
    p.117 -120
    【投稿】
    開腹手術患者における腹帯の使用は有用ではない
    著者: 北村公美

    腹帯とは、「創部を広範囲に支えることで創部からの出血、滲出液の防止、ガーゼの固定や創痛、不快感を和らげ、患者の離床を容易にするために用いる」(看護大事典)とある。従来より多くの病院で、開腹手術の術後には腹帯を使用することが習慣となっており、…

  • Biotherapy
    2011年 25巻2号
    p.603 -608
    【総説】
    ヘプシジン(hepcidin)―そのがん性貧血における意義
    著者: 川端浩

    ヘプシジン(hepcidin)は,もともとは肝臓で産生される抗菌ペプチドとして発見され,現在ではむしろ体内の鉄のホメオスタシス維持に中心的な役割を果たす液性因子として…

  • 治療学
    2006年 40巻8号
    p.861 –865
    【特集】
    アルドステロン・ブレイクスルーとは
    著者: 竹内和久 ; 小川晋

    従来「アルドステロン・ブレイクスルー」は「アルドステロン・エスケープ」と呼称されてきた。しかしながら,「アルドステロン・エスケープ」には二つの概念があり,①アルドステロンの…

最新医学
2013年 68巻4号
p. 820 –826
【特集 認知症-鑑別診断を中心に-】
嗜銀顆粒性認知症の鑑別診断
著者: 齊藤祐子

嗜銀顆粒性認知症(AGD)は,Braak が命名した嗜銀顆粒の出現を特徴とする,病理学的に定義された疾患であり,大陸欧州での認知度は高い.高齢者連続剖検例において確定診断された症例…


  • 透析ケア
    2010年 16巻5号
    p.553 –555
    【特集】
    透析後のバイタルサインチェック・患者状態の観察
    著者: 森岡万里

    透析終了後は除水や血漿浸透圧の低下に伴い循環血液量が減少し、循環動態が不安定になります。血液透析患者の多く、とくに糖尿病や循環器合併症をもつ患者では…

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access