糖尿病性足潰瘍と重症下肢虚血―その創傷概念と救肢の意義

This article is available for purchase

糖尿病性足潰瘍と重症下肢虚血の創傷概念を述べる.前者ではその病因として,1.末梢神経障害,2.末梢血行障害(PAD),3.感染症,があげられる.これらの複雑な混合病変が糖尿病性足潰瘍である.その病態を 4つに分類した(神戸分類). TypeI:主たる病因は末梢神経障害である. TypeII:主たる病因は末梢血管障害である. TypeIII:主たる病因は感染症である. TypeIV:3 つの病因が混在し,PAD に加えて趾間白癬からの二次感染となり重症下肢虚血に陥った病態である. 一方,重症下肢虚血は上記の TypeIIおよびⅣと同じであるが,糖尿病を合併していれば血管障害がより末梢に及ぶため,より重症化する.さらに,このような疾患群における救肢の意義について述べた.

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access