集学的治療により術後6年経過した肝転移を伴った食道腺扁平上皮癌の1例

This article is available for purchase

症例は65歳,男性。多発性肝転移を伴った進行食道癌で術前診断はstageIV,T 3 N 3M 1Pl0(肝S 2 10mm, S 7 10mm, S 8 15mm), 姑息手術として下部食道噴門切除術が胸腔内吻合で施行された。術後組織診断は腺扁平上皮癌であった。術後1か月よりUFT-E 300g/日,PSK 3g/日が経口で,また肝動脈留置リザーバーよりCDDP 10mg/週で投与された。CDDP 動注総量が180mg で肝転移巣はPR となり,総量410mg でgrade4の嘔吐と低血圧のため中止した。術後16か月よりDOC 20mg/週の動注治療を開始し,術後18か月でCR となったのでDOC 動注総量840mg で終了し,UFT-E, PSKは約5年間継続投与した。本症例は手術後退院して以来,外来通院で治療を受け良好なQOL を維持できた。肝転移を伴った進行食道癌に対し,経口摂取を可能にすべく手術を積極的に施行した後,肝転移巣に対し肝動注化学療法を追加するのが有効で,良好なQOL を期待できる治療法と考えられた。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access