指状嵌入細胞肉腫/腫瘍の1例

This article is available for purchase

極めてまれである指状嵌入細胞肉腫/腫瘍症例を報告する。症例は52歳,男性。2002年1月発熱を主訴に来院した。理学所見で右腋窩の無痛性リンパ節腫脹および肝脾腫を認めた。CT 検査では,右腋窩,縦隔,腹部傍大動脈,両側腸骨領域,鼠径部のリンパ節腫脹および肝脾腫が検出された。血液検査では肝機能異常に加え,血清可溶性IL-2受容体,フェリチンの上昇を認めた。同年2月に右腋窩のリンパ節生検を施行。円形あるいは卵円形の核と豊富な細胞質を有する中〜大型細胞のび漫性増生を認めた。また,紡錘形細胞やホジキン細胞様の巨細胞もみられた。免疫組織検査で,腫瘍細胞はS-100, CD 68,CD 45ROを発現し,CD 1, CD 3, CD 15, CD 20, CD 21, CD 23, FDC, DRC, p80は陰性であった。組織像,免疫組織染色の結果は指状嵌入細胞肉腫/腫瘍に合致する所見であった。2月よりcyclophosphamide/doxorubicin/vincristine/prednisone(CHOP)療法が施行された。しかし,真菌性肺炎を併発し化学療法開始1か月後に呼吸不全のため永眠された。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access