MUC1 標的免疫細胞療法とGemcitabineとの併用が著効した膵頭部癌多発肝転移の1 例

This article is available for purchase

症例は52 歳,女性。心窩部の違和感を主訴として当院を受診,多発肝転移を伴う膵頭部癌と診断した。胆管狭窄に対し金属ステントを留置し,その後gemcitabine(GEM)1,000 mg/m2週1 回,3 週投与1 週休薬を1 コースとして投与を開始した。また,MUC1をパルスした樹状細胞(DC)と活性化自己リンパ球(CAT)の投与によるMUC1標的免疫細胞療法(DC-CAT)を2 週に1 回を1 コースとして併用した。GEM 6 コース,DC-CAT 9 コース施行後,原発巣と肝転移巣の消失を認めた。治療開始後7 か月後となる現在もGEM とCAT 療法を継続し,complete response を維持している。GEM と免疫細胞療法の併用治療の進行膵癌に対する有用性が示唆された。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access