切除不能進行膵体部癌に対してS-1/Gemcitabine併用化学療法を施行しComplete Response(CR)を得られた1 例

This article is available for purchase

膵癌は消化器癌で最も予後不良であり,特に切除不能症例では長期生存を得ることは困難である。今回われわれは,切除不能進行膵体部癌に対しS-1/ gemcitabine(GEM)併用化学療法が著効した1 例を経験したので報告する。症例は72 歳,女性(StageIVb)。S-1 80 mg/dayを2 週間,GEM 1,000 mg/ m2をday 8,15に投与した。休薬期間は2 週間とした。2 コース目終了後の腹部CT 検査で腫瘍の著明な縮小を認め,9コース終了後には腫瘍を同定し得なくなりCR と判定した。初診から1 年4 か月たった現在も腫瘍の再発なく,PS 0 と全身状態も良好である。S-1/GEM 併用化学療法は,切除不能進行膵体部癌の予後改善に有効であると考えられた。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access