長期観察結果からみた乳癌術後補助化学療法とホルモン療法におけるIndoleamine 2,3-Dioxygenase 発現について

This article is available for purchase

乳癌術後補助化学療法とホルモン療法による生体への侵襲程度を,indoleamine 2,3-dioxygenase(IDO)の発現程度から長期にわたって観察した。乳癌術後補助化学療法を施行した15 例とホルモン療法を施行した15 例を対象とし,化学療法施行前,FEC 終了時,wPTX 終了時,全化学療法終了3 週間後,その後3 か月ごとに採血した。ホルモン治療のみを受けた15 症例も同時期に採血し,high performance liquid chromatography(HPLC)を用いてkynurenine(Kyn)とtriptophan(Trp)を測定した。化学療法施行群はFEC 施行後,wPTX 施行後にKyn/Trp ratio が上昇し,同時期のホルモン療法施行群と比較して高かった。化学療法施行後3 週間後には施行前のレベルまで低下し,その後は両群ともに平定化したままであった。乳癌術後の補助化学療法による免疫学的ダメージは化学療法施行中のみ高く,その後は平定化するものと考えられた。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access