肝転移再発に局所治療を組み合わせ長期経過中の膵VIPoma の1 例

This article is available for purchase

症例は59 歳,女性。膵内分泌腫瘍に膵体尾部切除を施行し,術後5 年に4 か所の肝転移と左腎近傍の腹膜転移を認めた。頻回の下痢,低K血症性周期性四肢麻痺,血中vasoactive intestinal polypeptide(VIP) 上昇あり,VIPomaと診断した。肝切除,腹膜腫瘍切除を施行し,病理検査にて高分化型膵神経内分泌癌の肝・腹膜転移と診断した。再発切除後7 か月に多発肝転移がみられ,肝動脈化学塞栓療法(TACE)を施行した。TACE の効果不良病変にラジオ波凝固療法(RFA)を追加した。現在,原発切除後7 年8 か月,肝・腹膜再発切除後2 年6 か月,活動性病変なく経過している。高分化型膵神経内分泌癌の再発,進展,進行は緩徐なことも多い。可能であれば外科切除が勧められるが,多発病変,完全切除不能な病変,切除後再発などで,手術にTACE やRFA などの局所療法を効果的に組み合わせることは,QOL の維持と予後の改善に有効である。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access