Gemcitabine+S-1併用療法が著効し切除可能となった肝門部胆管癌の1 例

This article is available for purchase

リンパ節転移を伴う局所進行胆道癌に対して,gemcitabine(GEM)+S-1併用療法を行い根治的外科切除が得られた1例を報告する。症例は52歳,男性。閉塞性黄疸と肝機能障害を近医で指摘され当院を受診。CTにて左肝管から肝管合流部にかけて胆管壁の肥厚を認め肝門部胆管癌と診断。また1〜2群リンパ節が累々と腫大し,門脈左枝も狭窄しており,一部門脈分岐部にまで腫瘍が浸潤していた。B2枝,B3枝,B5枝にそれぞれERBD tubeが留置され減黄を行った。その後GEM1,000 mg/m2,S-1 100 mg/day併用療法を4か月間行ったところ,B2枝,B5枝のERBDは抜去可能となりB3枝のみ留置継続となった。またCTで原発巣およびリンパ節の縮小を認め,門脈左枝の狭窄も改善され外科的切除が可能と判断。拡大肝左葉切除術,尾状葉切除,門脈合併切除,D2郭清を施行し得た。術後経過は良好で,9か月間S-1 120 mg/dayによる補助化学療法を行った。化学療法開始後34か月,切除後29か月経過した現在,再発徴候なく生存中である。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access