AI併用療法が奏効した多発肺転移を伴う成人PNETの1症例

This article is available for purchase

症例は48歳,男性。右鎖骨下腫瘍を主訴に当科を受診。生検を行ったところ,血管周囲のロゼット形成を認め,神経系マーカーが陽性であったため,primitive neuroectodermal tumor(PNET)と診断された。病変は神経血管束を巻き込んでいたため,局所治療として放射線照射(合計50 Gy)を行った。CT検査で腫瘍は縮小したものの多発肺転移を認めたため,AI併用療法(ADM,IFM)を行った。合計7コース施行し,原発巣・肺転移ともに縮小を認めた。PNETは,ユーイング肉腫ファミリー腫瘍の一種で特に成人での発生はまれで,化学療法は確立されていない。今回,単剤で有効な2剤を集中的に投与するレジメンとしてAI併用療法を行い,効果が認められたので報告した。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access