術前診断の困難であった精巣原発,転移性肺腫瘍の1切除例

This article is available for purchase

症例は26歳,男性。胸痛と血痰を主訴に来院,気管支鏡検査で腺癌と診断された。検査を契機に炎症が急速に増悪した。X 線上niveauも出現したため早期の治療が必要と判断して手術に踏み切った。術後の病理結果は胚細胞性腫瘍であった。右睾丸に直径1 cm の腫瘍が認められ高位除睾術を施行,その後全身化学療法にて腫瘍マーカーが正常化した。術後6 年4か月経過して無再発生存している。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access