CDDP+CPT-11療法が著効しながらも癌性髄膜炎で死亡した胃小細胞癌の1 例

This article is available for purchase

症例は63 歳,男性。2010 年5 月初めに心窩部不快感を自覚し,腹部CT にて胃前庭部の腫瘍を認め,当院に紹介受診。上部消化管内視鏡では胃前庭部から幽門部にかけて全周性腫瘍による狭窄を認め,生検にて小細胞癌の診断。ほぼ完全狭窄の状態であり,胃空腸吻合を施行。その後CDDP+CPT-11(CDDP 30 mg/m2,CPT-11 60 mg/m2,day 1,15)を合計3 コース投与した。化学療法後のCT では腫瘍は著明に縮小し,治療効果判定はPR であった。この時点で切除可能と判断し,幽門側胃切除を施行。病理結果は胃小細胞癌で大部分が変性,壊死に陥っていたがss層にまばらに癌細胞を認め,pT3(SS)N0M0でstage ⅡAであった。術後3 コース同療法を施行したが初診から9 か月後に頭痛を来し,画像上他の再発所見は認めないものの髄腋内から異形細胞が検出され,癌性髄膜炎のため初診10 か月後に死亡された。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access