化学療法後に切除し得た大腸癌肺転移の1 例

This article is available for purchase

化学療法後に切除可能となった大腸癌肺転移の症例を経験したので報告する。症例は68 歳,男性。2004 年10 月に直腸S 状部癌に対して低位前方切除術を施行。2005年10 月に肝転移を認め,経カテーテル肝動脈塞栓術(TAE)施行後,2006年2 月に肝部分切除術施行。2009 年9 月に右肺上葉,下葉に肺転移が出現し,10 月よりbevacizumab+FOLFOX/FOLFIRI療法施行。2010 年6 月に右肺下葉の肺転移巣が増大傾向となった。Kras遺伝子陽性であり,7 月からpanitumumab+FOLFIRI療法開始。20 サイクルの後,PR が得られ2011 年6 月肺切除術を施行した。今後は,大腸癌肺転移症例に対する肺切除に関して症例を蓄積し,予後予測因子と適応条件を確立していく必要がある。また,術前化学療法の有効性に関しても検討していく必要がある。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access