肺腺癌放射線化学療法中に急速に抗利尿ホルモン分泌異常症候群を来した1 例

This article is available for purchase

われわれは,肺腺癌に対するcisplatin(CDDP)+vinorelbine(VNR)による放射線化学療法後にSIADHを来した1例を報告する。症例は69 歳,女性で,進行肺癌に対して放射線化学療法目的に当院へ入院となった。CDDP とVNR 投与後4 時間後より不穏症状が出現した。不穏,失禁は大量補液終了後も改善を得られず,むしろ悪化傾向となった。化学療法開始後6 日の血液データで著明な低ナトリウム(Na)血症を認め,血清浸透圧の低下,尿中浸透圧の上昇を認めた。著明な低Na血症にもかかわらず,血清ADH は上昇を認めた。SIADHと診断し,高張生理食塩水の投与や水制限などを行い改善した。以降の治療では,carboplatin に変更したがSIADH の発症はなく,CDDP によるSIADH と考えられた。CDDP によるSIADH は比較的まれであるが,放射線化学療法施行中に精神症状を来した際には電解質バランスを注意深く観察する必要があると考えられた。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access