エホバの証人のGIST 多発肝転移に対しSize Reduction 後に肝切除を施行し得た1 例

This article is available for purchase

症例は42 歳,男性。エホバの証人の患者。十二指腸GIST(中間リスク)に対し十二指腸部分切除後2 年間,imatinibを投与継続した。投与終了後8 か月目に,肝外側区域と下大静脈と接するS7 領域を含む多発肝転移を認めた。肝切除時の出血量過多が予想され,患者が信教上の理由で無輸血手術を希望したため,sunitinib 投与を開始し8 か月間で42%の腫瘍径縮小が得られた時点で肝左葉切除兼部分切除を施行した。術中に希釈式自己血600 mL,回収式自己血240 mL を併施した。術後1 年間再発なく経過している。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access