Mohs’ Paste とホルモン剤治療にてQOL を改善した進行乳癌の1 例

This article is available for purchase

Mohs’ paste は皮膚腫瘍の削切に先立ち,塩化亜鉛による24 時間固定を目的とした軟膏である。われわれは,局所進行乳癌の出血に対してMohs’ paste を用いて止血した1 例を報告する。症例は73 歳,女性。右進行乳癌からの持続出血のため当院に搬送された。Mohs’ paste を15 分塗布後,腫瘍止血が得られ滲出の減少も認めたため,毎週の塗布処置を行った。患者は手術,化学療法も拒否したがホルモン治療のみ同意し,2 年間の外来通院による内服にて腫瘍はコントロールされている。Mohs’ paste の短時間処置は,有害事象なく乳腺腫瘍の出血と渗出をコントロールし,患者のQOL に貢献すると考えられた。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access