術中検索で多発病変が確認され膵全摘術に至った膵頭部癌の1 例

This article is available for purchase

症例は67 歳,男性。2011 年5 月,褐色尿にて近医を受診。血液検査にて肝障害を認め,6 月に当院紹介。腹部CT 上,約2 cm 大の膵頭部腫瘤を認め,膵頭部から体部に至る主膵管拡張と総胆管拡張を伴っていた。閉塞性黄疸を伴う膵頭部癌[cT3(CH+,DU+),cN0, cM0, cStage III]と診断し,減黄の後,8 月に手術を施行した。術中検索にて膵体部表面と尾部前壁に白色結節を認めた。迅速組織診で浸潤癌を認めた。癌の存在範囲の特定は不可能であると考え,多発あるいは膵全体癌と考え,予定していた膵頭十二指腸切除術から膵全摘術に変更した。永久標本をみると多発非連続病変であり,術中視触診による精査を行わず術中の断端評価だけでは癌が遺残してしまう可能性があった。視触診を含む術中診断が重要であることを改めて再認識した1 例であった。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access