虫垂杯細胞カルチノイドの1 例

This article is available for purchase

虫垂杯細胞カルチノイド(goblet cell carcinoid: GCC)は,古典的カルチノイドに比べ頻度はまれであり予後不良である。症例は60 歳,女性。急性虫垂炎の診断で虫垂切除を行い病理組織検査でGCC の診断となった。深達度がSM であることとGCC の悪性度を考慮し,追加切除を行った。切除検体に腫瘍の遺残はなく,最終病理診断はGCC,0─II b 型,15×8 mm,pSM,int,INF b,ly0,v0,pPM0,pDM0,R0,pN0 (0/8),P0,H0,Cyx,M0,Stage I,Cur A であった。現在外来通院中で再発は認めていない。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access