鏡視下胃癌・大腸癌同時手術の留意点

This article is available for purchase

術前検査で発見される胃癌・大腸癌の重複例は珍しくなく,当科では根治性・安全性が確保される症例に腹腔鏡下同時手術を積極的に取り入れている。成功・開腹移行の代表例から同時手術の留意点について検討した。2 例とも胃・大腸切除の小切開創は上腹部を共有し,5 ポートによる大腸切除を先行し,胃切除の際2 ポート追加して行った。成功例は腹腔鏡下に横行結腸切除と幽門側胃切除術(LADG)を行い,同切開創で安全に吻合可能であった。開腹移行例は右半結腸切除と胃全摘術(LATG)を行い,circular stapler 法による食道空腸吻合を施行したが,縫合不完全となり開腹へ移行した。上腹部切開創から挿入した吻合器と,腹部食道との角度が問題で吻合部に緊張がかかり縫合不完全となったと考える。腹腔鏡下胃癌・大腸癌同時手術において小切開部やポート位置,再建法,吻合法などが極めて重要である。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access