Trousseau 症候群,肺塞栓症を発症した進行胃癌の1 例

This article is available for purchase

症例は60 歳台,男性。2011 年6 月,肺塞栓を発症し貧血を指摘され,精査にてstage IV の進行胃癌と診断された。その後,多発脳梗塞を発症しTrousseau 症候群と診断された。胃癌からの出血のリスクが高いため,出血のコントロール目的に胃全摘術を行った。術後経口摂取可能となり,在宅医にヘパリンの皮下注射を依頼し退院可能となった。退院後外来にて化学療法を行っている症例を経験したので報告する。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access