全身化学療法により腫瘍の縮小を認めたStage IV 胃小細胞癌の1 例

This article is available for purchase

症例は70 歳台,女性。上部消化管内視鏡検査にて噴門部に5 cm 大の3 型進行腫瘍を認めた。生検組織病理より,免疫染色にてchromogranin(+)であり,胃小細胞癌と診断した。腹部CT では同部位に壁肥厚を認め,噴門部から小弯側に4cm 大のリンパ節腫大,大動脈周囲にも結節影を認めた。以上からT4aN3M1,cStage IV と診断し,全身化学療法の方針とした。初回治療としてS─1(80 mg/m2)+CDDP(60 mg/m2)療法を開始。1 コース目day 8 のCDDP 投与後Grade 4 の低Na血症,意識障害を認めたため中止し,S─1 単独療法(2 投1 休)を再開した。3 コース終了後PR を確定が,7 コース終了時点で,上部消化管内視鏡検査にて原発巣の増大を認めたためPD と判断した。二次療法としてCPT─11(60 mg/m2)+CDDP(30 mg/m2)療法を施行した。2 コース終了後,SD を維持している。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access