XELOX+Bevacizumab療法によりPathological Complete Responseを得た肝門部リンパ節転移を伴う横行結腸癌多発肝転移の1 切除例

This article is available for purchase

症例は70 歳,女性。腹痛を主訴に受診し,切除不能多発肝転移,肝門部および上腸間膜動脈周囲リンパ節転移を伴う横行結腸癌と診断した。XELOX+bevacizumabを8 コース施行したところ腫瘍の縮小を認めたため,肝部分切除,肝門部リンパ節郭清を伴う右半結腸切除術を施行した。病理所見は主病巣,転移巣ともに癌細胞を認めずpathological complete responseであった。術後7 か月現在,再発の徴候はない。予後不良とされる肝門部リンパ節転移であっても,化学療法が奏効した場合には積極的な治療を考慮してもよいと考えられた。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access