XELOX+Bevacizumab療法と放射線療法により治癒切除し得た腹膜播種陽性直腸S 状部癌の1 例

This article is available for purchase

症例は60 歳,女性。全周性の直腸S 状部癌によるイレウスで手術を施行したが,腹水細胞診および腹膜播種陽性であった。S状結腸人工肛門造設術後,放射線療法(合計40 Gy)とXELOX+bevacizumab療法を8 コース施行した。放射線化学療法後のFDG-PET で異常集積は指摘されなかった。S 状結腸切除術を施行したが術中所見で腹膜播種はなく,洗浄細胞診も陰性であった。XELOX+bevacizumab療法および放射線療法は,進行結腸直腸癌に対してdown stagingを可能とする有用な治療方法と考えられた。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access