心筋梗塞発症後にXELOX 療法にて病勢をコントロールできた進行直腸癌の1 例

This article is available for purchase

症例は81 歳,男性。進行直腸癌の診断で腹会陰式直腸切断術による根治的手術を予定したが,術中血圧の低下を認め,人工肛門を造設しただけで手術を終了した。術後に緊急心臓カテーテル検査にて急性心筋梗塞と診断され,PCI にて治療した。根治的手術は断念し,化学療法を行うこととなり,術後25 日目よりcapecitabine(2,000 mg/m2)2 週間投与1 週間休薬,oxaliplatin(130 mg/m2)day 1 投与を行った。腹部CT にて直腸壁の肥厚の改善,周囲リンパ節腫脹の縮小および腫瘍マーカーの減少を認め,1 年4 か月の間良好なQOLを保ちつつ,病勢コントロールができた。XELOX初期導入時の症例ではあったが,心筋梗塞後のハイリスクな症例に対してXELOX 療法は安全に施行でき,良好なコントロールが得られた。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access