アイソトープ内用療法(内照射療法)の進むべき方向

This article is available for purchase

放射性医薬品による選択的病巣集積を利用した治療を,アイソトープ内用療法(内照射療法)という。甲状腺分化癌に対する放射性ヨウ素内用療法などの既存の内照射療法のニーズは徐々に高まりをみせ,現在,新規内用療法製剤の導入が図られている。本稿では,現在行われている内用療法の今後の方向性,現状の問題点・解決策などを概観する。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access