皮下埋め込み型中心静脈ポート関連の敗血症性肺塞栓症と考えられた1 例

This article is available for purchase

症例は32 歳,女性。胃癌術後再発に対するS-1+シスプラチン(CDDP)療法5 コース投与後に腹水が出現し増悪。癌性腹膜炎による経口摂取不良のため,右鎖骨下静脈に皮下埋め込み型中心静脈ポートを留置した。ポートから5-FU/ロイコボリン/パクリタキセルと高カロリー輸液を開始。癌性腹膜炎は改善し高カロリー輸液は1 か月で終了したが,2 か月後に左肺野に多発結節影が出現。中心静脈ポート関連の敗血症性肺塞栓症を疑い,直ちにポート抜去を行い,抗生剤投与で速やかに改善を認めた。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access