FOLFIRI+Panitumumab療法が奏効し切除可能となった他臓器浸潤S 状結腸癌の1 例

This article is available for purchase

症例は72 歳,女性。腹痛と発熱を主訴として来院した。精査の結果,膀胱・子宮浸潤を伴うS 状結腸癌および骨盤内膿瘍と診断した。KRAS遺伝子は野生型であった。根治切除は困難と判断し,S 状結腸人工肛門造設術,膿瘍ドレナージを施行した。術後FOLFIRI を1 コース,FOLFIRI+panitumumab を5 コース施行した。腫瘍は著明に縮小したため,panitumumab単剤を2 コース施行後にS 状結腸切除および膀胱部分切除術を施行した。術後FOLFIRI+panitumumab を6 コース施行し,手術から7か月経過した現在,無再発生存中である。KRAS遺伝子野生型の切除不能大腸癌に対する術前化学療法としてFOLFIRI+panitumumab療法が有効である可能性が示された。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access