同種骨髄移植後に急性横断性脊髄炎を合併した急性リンパ性白血病

This article is available for purchase

症例は40 歳,女性。分子学的寛解を得たPhiladelphia染色体陽性急性リンパ性白血病に対して,非血縁者間骨髄移植を実施した。day 90 ごろより知覚異常,膀胱直腸障害および下肢筋力低下を認め,MRI所見も含めて急性横断性脊髄炎と診断した。ステロイドパルスおよび免疫グロブリン製剤投与を行い,症状の改善を得た。横断性脊髄炎は運動,知覚および自律神経系に異常を来す炎症性疾患であるが,造血幹細胞移植での合併例は比較的まれである。早期の診断および治療開始が機能的予後に影響するため,移植後の脊髄症には急性横断性脊髄炎を鑑別診断として念頭に置く必要性がある。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access