胃切除術後患者に対する上部消化管内視鏡検査前飲水による食物残渣減少効果の検討

This article is available for purchase

胃切後患者のfollow-up は非常に重要であるが,食物残渣が多く内視鏡観察が不十分となることも経験される。胃全摘術以外の胃切後患者を対象とし,内視鏡前飲水による残胃の食物残渣の減少効果を検討した。内視鏡検査前日に500 mL,当日に350 mL を飲水する飲水群と,従来どおり飲水しないコントロール群とで比較検討し,また幽門の有無についても効果を比較した。飲水群では残渣が少ない傾向であった。幽門温存症例では飲水群でも残渣の減少効果がみられなかったが,幽門切除症例では有意に残渣の減少がみられた。胃切後患者でも検査前飲水は苦痛,合併症なく安全に行え,幽門切除症例で飲水による残渣減少効果が認められた。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access