集学的治療により長期生存が得られたStageⅣ胃癌の1 例

This article is available for purchase

症例は47 歳,女性。2005 年3 月,傍大動脈リンパ節腫大と多発肝転移を伴う噴門部3 型低分化胃癌に対して,docetaxel(DOC),cisplatin(CDDP),S-1 による術前化学療法(DCS療法)を3コース施行した。この結果,画像上リンパ節転移の縮小,肝転移の消失をみた。7 月,胃全摘術+脾摘+D2リンパ節郭清と肝転移瘢痕に対するラジオ波焼灼術を施行した。病理学的にリンパ節は,#1 および#16b1 preにそれぞれ免疫染色にて確認される転移を1 個ずつ認めた。術後DOC,S-1 による化学療法を継続し,現在7 年無再発生存中である。stageⅣ胃癌に対して集学的治療を行うことで長期生存が得られる症例も認めるため,標準的治療の確立が望まれる。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access