Phase Ⅱ Clinical Trial of High-Dose Toremifene as Primary Hormone Therapy in Aromatase Inhibitor-Resistant Breast Cancer

This article is available for purchase

背景: 第三世代アロマターゼインヒビター(AIs)は閉経後乳癌に対するホルモン療法薬として広く用いられているが,AI 投与中または投与後に再発を来した症例に対する治療法は未だ確立しておらず明確な指針はない。方法: AI 投与中または投与後の閉経後再発乳癌症例23 例に対し初期治療としてトレミフェン120 mg/日の経口投与を行い,その効果と安全性を前向き試験にて評価した。結果:奏効率13.0%(partial response 3 例),臨床的有用率78.3%(partial response 3 例,long stable disease 15例),無増悪期間中央値8.1か月であった。Grade 1 有害事象として食欲不振,多汗症,皮膚潮紅と顔面浮腫を認めた。結論:トレミフェン120 mg/日の経口投与はAI耐性再発乳癌に対する一次治療として有効かつ安全であった。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access