胸骨転移から乳癌が発見された乳癌の1 例

This article is available for purchase

症例は32 歳,女性。胸骨部の膨隆および痛みで当院を受診した。左乳房のしこりおよび左腋窩リンパ節の腫大が発見され,胸骨転移を伴う浸潤性乳管癌でT2N1M1(OSS),Stage Ⅳ,ホルモン受容体陽性,HER2陰性と診断された。primary systemic chemotherapyとして,EC およびtaxane療法がそれぞれ4 コース施行された。同時にzoledronic acid が投与された。胸骨溶解病変は石灰化,乳癌腫瘤も縮小し,部分奏効(partial response: PR)と判定された。8 か月後,乳房温存+腋窩リンパ節郭清術が施行された。術後,左乳房と胸骨に放射線治療を追加した。zoledronic acid の投与は継続され,術後ホルモン療法が開始されている。初診から4 年4か月を経過して,胸骨病変は石灰硬化し他部位にも再発をみていない。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access