S-1/CDDP による術前化学療法が著明に奏効した食道浸潤胃癌の1 例

This article is available for purchase

症例は75 歳,男性。食道浸潤を伴った胃噴門部癌に対して,開胸手術を避けて手術侵襲を低減させることを目標にS-1 とCDDP による術前化学療法を行った。S-1 は80 mg/m2を21 日間経口投与し14 日間休薬した。CDDP は60 mg/m2をday 8 に投与した。2 コース施行後,内視鏡所見上で腫瘍は著明に縮小して食道浸潤は消失したため,経腹操作のみで胃全摘,脾臓合併切除術を施行できた。摘出標本の病理組織学的効果判定はGrade 2 であった。術後1 年無再発生存中である。食道浸潤胃癌に対する術前化学療法により,開胸を回避して手術侵襲の大きな軽減が図れる可能性があると考えられた。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access