CPT-11+CDDP 併用療法が著効を示した胃癌術後再発の1 例

This article is available for purchase

症例は62 歳,男性。2008 年4 月,胃癌に対し胃全摘+脾摘術(D2,Roux-en-Y 再建)施行,(pT3N2M0,stage ⅢA)。術後S-1 による補助化学療法を行うも薬疹,全身倦怠感のため5 か月で中止。2010 年1 月,腹痛,食欲不振にて当科受診。CEA の上昇を認め,諸検査の結果,局所再発,縦隔/Virchow リンパ節転移,胸椎転移と診断され,CPT-11+CDDP 併用療法が開始となった。3 コース終了後,局所再発巣はほぼ消失し,CEA は正常化した。5 コース終了後のPET では,すべての病巣で縮小とFDG の集積消失を認めた。10 コース施行し化学療法を中止とした。経過観察中のPET-CT にて右肺腫瘤が出現し徐々に増大傾向を認めたため,2012 年5 月,右肺S6 区域切除術が施行された。病理結果では扁平上皮癌であり,原発性肺癌(pT1aN0M0,stage ⅠA)と診断された。胃癌に関しては,再発から2 年9 か月経過した現在も再発を認めていない。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access