小細胞肺癌患者におけるセロトニン症候群の1 例

This article is available for purchase

症例は67 歳,男性。うつ病のため数年前よりフルボキサミンマレイン酸塩150 mgで治療していた。X年8 月より右上肢腫脹と呼吸困難を主訴に来院。精査の結果,進展型小細胞肺癌(T4N3M0),stage ⅢBと診断された。10 月1日よりカルボプラチン/エトポシド(CBDCA/VP-16)療法を1コース施行した。腫瘍の縮小と胸水の消失,上大静脈症候群が軽快したため,10 月23日よりシスプラチン/イリノテカン(CDDP/CPT-11)療法に変更となり,11 月22 日に3 コース目を開始したところ,投与後4日目に不安,振戦を認めた。投与後38 日目に不安と振戦が増強し,ミオクローヌスよりセロトニン症候群と診断されフルボキサミンマレイン酸塩を中止とした。中止後に症状は改善し,4コース目が施行可能となった。本症例はCDDP 投与によりセロトニン分泌が促進され,serotonin selective reuptake inhibitor(SSRI)により脳内のセロトニンが過剰に増加した結果,セロトニン症候群を惹起した可能性が示唆された。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access