テガフール・ウラシル内服により完全寛解が得られた肝細胞癌肺転移の1 例

This article is available for purchase

症例は70 歳台,男性。肝細胞癌(HCC)にて肝左葉切除術を施行したが,術後3 か月目より肝内再発を認め,術後6か月目には肝内再発とともに多発肺転移が出現した。肝内病変に対しては肝動脈塞栓化学療法(TACE),ラジオ波焼灼療法(RFA)を施行し,多発肺転移に対してはテガフール・ウラシル(UFT)(300 mg/day)投与を開始した。UFT 投与開始4 か月後,多発肺転移巣は消失し,腫瘍マーカーも正常化した。2 年後に残肝再発を来したため,肝部分切除術を施行した。現在UFT 投与開始から4 年経過したが,肺転移についてはCR を維持している。遠隔転移を伴うHCC の治療成績は不良であるが,本症例のようにUFT 内服治療が奏効する例も存在するため,選択肢の一つであると考えられた。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access