Docetaxel/Cisplatin/S-1+Trastuzumab療法が著効した食道胃接合部癌の1 切除例

This article is available for purchase

症例は51 歳,男性。2011年9 月よりつかえ感を自覚し,2012 年1 月に近医で食道病変を指摘された。2 月に当科紹介となり,食道胃接合部腺癌,EG,2 型,cT3,cN2(No. 3,7,8a),cM0,cStage Ⅲと診断した。docetaxel/cisplatin/S-1+trastuzumab療法を2 コース行い原発巣,リンパ節ともに著しい縮小効果を得た。5 月,左開胸開腹下部食道胃全摘術を施行した。病理組織学的には,病変中心部の食道粘膜下層から固有筋層にかけて6 mm大の癌蜂巣を認めるのみであった。低分化腺癌,pT2,pN0(0/40),ly0,v0,pStage Ⅱ,治療効果はGrade 2 と診断された。術後は大過なく経過し,第15 病日に軽快退院となった。本レジメンによる術前化学療法は,HER2 陽性の進行食道胃接合部癌に対する集学的治療の重要な選択肢である。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access