再発肝細胞癌

This article is available for purchase

近年,肝細胞癌に対する肝切除,局所療法の生存率は改善しているものの治療後の再発率は高く,再発後の治療効果が患者の予後を左右する。再発肝細胞癌に対しては初回肝細胞癌に対するのと同じ基準で治療方針を決定することが望ましく,肝機能良好例で3 個以内では再肝切除が推奨される。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access