外来化学療法施行中の大腸がん患者に対するMalnutrition Universal Screening Tool(MUST)を用いた栄養評価

This article is available for purchase

目的: 外来化学療法施行大腸がん患者の栄養状態をmalnutrition universal screening tool(MUST)を用い調査し,その有用性や有害事象との関連性を検討した。方法: 2010 年4〜12 月までの外来化学療法を施行している進行・再発大腸がん患者34 名を対象とし,MUST,有害事象発現率について調査した。結果:栄養療法の介入が必要なhigh-risk 患者は16 名(47.1%)であり,high-riskでは体重,body mass indexが有意に減少した。有害事象発現率は食欲不振,倦怠感において,low-riskに比べhigh-risk では有意に増加した。考察:有害事象の予防対策を行うことで栄養状態の悪化を防ぐと考えられ,外来化学療法患者に対しても積極的な栄養評価を行うことが必要である。また,MUSTは外来化学療法患者の栄養管理上,非常に有用な簡易栄養スクリーニング法であることが示唆された。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access