集学的治療が奏効した門脈腫瘍栓を伴う進行胃癌の1 例

This article is available for purchase

症例は66 歳,男性。貧血の精査にて著明なリンパ節転移と門脈腫瘍栓を有する4 型胃癌(cT4a,cN3,cM1,cStageⅣ)と診断。治癒切除困難と判断し,S-1+CDDP 療法を開始。1 コース後のCT にて,門脈腫瘍栓の消失と腫大リンパ節の縮小を認めた。5 コース終了後にD2 郭清を伴う胃全摘術を施行した。病理検査所見は,por1,pT3(SS),med,INFa,pN2,pStageⅢAで,組織学的効果判定はGrade 2 であった。術後補助化学療法(S-1)を施行したが,8か月後に門脈腫瘍栓再発を来したため化学放射線療法を施行した結果,門脈腫瘍栓の消失が得られた。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access