パクリタキセル・カルボプラチン療法が著効した慢性腎不全合併再発卵巣明細胞腺癌の1 例

This article is available for purchase

症例は41 歳,女性。間質性腎炎後の慢性腎不全で8 年前から週3 回の血液透析を受けている。左側卵巣癌疑いの術前診断にて,卵巣癌基本手術およびstaging laparotomy を施行した。術後病理診断は卵巣癌Ⅰc(b)期(明細胞腺癌)であるも,術後補助化学療法は行わなかった。その後9 か月後に腹腔内に再発し,パクリタキセル・カルボプラチン(TC)療法を6 コース施行した。パクリタキセル175 mg/m2とカルボプラチンAUC5を開始した。血液透析は約24 時間後に行った。重篤な有害事象は認めず,TC療法6 コース施行し,再発病変はcomplete responseを得られ,無病生存状態を確認した。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access