切除断端陽性中部胆管癌に対し術後放射線療法が奏効した1 例

This article is available for purchase

症例は57 歳,男性。2006 年2 月に腹部圧迫感を主訴に当院を受診。精査にて中部胆管に腫瘤を認め,生検にて中部胆管癌と診断した。3 月に肝外胆管切除および2 群リンパ節郭清を施行した。左右肝管合流部および膵上縁で胆管を切離したが,術中迅速診断にていずれの断端にもCIS を疑う高度異形性病変を認めた。手術侵襲を考慮して追加切除は行わず,術後放射線療法を行うこととした。術後,各胆管断端を含むように照射野を設定し,体外照射で50.4 Gy/28 Fr の放射線療法を行った。以後,画像上明らかな再発所見は認めず,術後7 年無再発生存中である。胆管切除断端が非浸潤癌であった症例に対し術後放射線療法を行い,長期無再発生存が可能であった症例を経験したので報告する。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access