養子免疫療法とCetuximab にて長期寛解を得た胆管癌腹水の1 例

This article is available for purchase

当院初診時63 歳,女性。4 年前閉塞性黄疸にて下部胆管癌診断下に膵頭十二指腸切除術。胆管断端陽性のため,補助療法として肝門部照射および5─fluorouracil(5─FU)持続注射・S─1 投与を受けた。1 年前に子宮体癌が診断され,子宮摘出術に際してダグラス窩に結節あり,生検にて胆管癌腹膜転移が確認された(A 院)。初診時腹水が貯留し,bevacizumab(Bmab)およびgemcitabine(GEM)にて症状軽快するも7 か月にて再燃,消化管通過障害および大量腹水にてB 院に入院。排除腹水中リンパ球を培養し,OK─432前投与後の腹腔に移入する OK─AITおよびA院切除標本検査( EGFR 免染強陽性)より選択したcetuximab(Cmab) を使用,軽快退院後外来にてCmab のみを継続し,腫瘍マーカー正常化。腹膜再発初発以後7 年(Cmab 開始後5.5 年) の健在例を経験したので文献的考察を加え報告する。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access