Lynch 症候群による多発大腸癌に対して腹腔鏡下手術を施行し得た1 例

This article is available for purchase

Lynch 症候群はミスマッチ修復遺伝子の生殖細胞系列変異を原因とする遺伝性疾患で,大腸,子宮内膜,胃などの関連腫瘍を高率に発症する。大腸癌術後に腹部臓器の多発癌を発症するリスクが高く,再開腹手術が癒着のため困難になる可能性がある。われわれは,Lynch 症候群では腹腔鏡下手術を推奨する。症例は43 歳,男性。検診で便潜血陽性となり,当院紹介。24 歳で大腸ポリープを指摘されていた。精査で盲腸,上行結腸に2 型進行癌を3 か所,Is ポリープを1 か所認めた。父方の第2 近親者内に大腸癌罹患者を2 人認め,改訂版ベセスダガイドラインを満たした。腹腔鏡下結腸右半切除術,D3 を施行した。マイクロサテライト検査陽性で,遺伝子検査にてMLH─1 の変異を確認した。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access