当科で考案した結腸癌に対する臍周囲切開による単孔式腹腔鏡手術の理論的背景

This article is available for purchase

目的: われわれ独自に考案した臍周囲切開による単孔式腹腔鏡手術(SILS)の理論的背景について検討した。対象・方法: 2009 年9 月~2010 年10 月までの間に行った臍周囲SILS colectomy のうち,臍周囲切開前,筋膜切開後wound retractor(M)(Alexis)装着後の状態を写真で保存できた10 例を対象。臍周囲切開で形成される理論的楕円面積,wound retractor 装着後の楕円面積,臍周囲切開長などをimage analyzer で測定した。結果: wound retractor 装着後の楕円面積はwound retractor装着後の楕円面積の平均2.9(1.6~5.0)倍であった。臍周囲切開長の2 乗とwound retractor 装着後の楕円面積の間には正の相関を認めた(p=0.04,r=0.67)。wound retractor 装着後の楕円面積が700 mm2 以下の5 例に放射状切開を追加した(一方向3 例,二方向1 例,三方向1 例)。結語: われわれの考案したSILS colectomy では,臍中心から臍縁までの距離からsurgical window の面積を推定できることが判明した。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access