術前mFOLFOX6 療法が奏効しPathological CR が得られた下部直腸進行癌の1 切除例

This article is available for purchase

症例は69 歳,男性。排便時出血を主訴に近医を受診した。大腸内視鏡検査で直腸AV2.5 cm/DL─0.5 cm に亜全周性2 型進行癌を認め,当院を紹介受診した。生検結果は中分化腺癌であった。画像検査にてcAI(左肛門挙筋)およびN3(左閉鎖リンパ節)が疑われ,術前化学療法としてmFOLFOX6 療法を6 コース施行した。化学療法後,主腫瘍・左閉鎖リンパ節は縮小し,画像効果判定は部分奏効(partial response: PR)であった。化学療法終了約6 週間後に内肛門括約筋切除術を施行した。術前に浸潤が疑われた左肛門挙筋の剝離断端は陰性であった。術前に腫大が指摘された左閉鎖リンパ節を含めて,両側側方リンパ節生検も施行したが,悪性所見を認めなかった。病理所見では,筋層まで及ぶ瘢痕組織を認めるのみで,明らかな残存腫瘍細胞やリンパ節転移を認めなかった。組織学的効果判定はGrade 3 が得られた。mFOLFOX6 療法は,局所進行直腸癌の術前化学療法として有用な可能性が示唆された。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access