IRIS+Panitumumab 療法による二次治療が奏効した大腸癌多発肝転移の1 例

This article is available for purchase

症例は55 歳,男性。2010 年3 月にS 状結腸結腸癌ならびに肝転移(S3,S4,S5,S6,S7)を指摘され,2010 年6 月にS 状結腸切除術および肝区域切除(S3,S7)ならびに肝腫瘍焼灼術(S4,S5,S6)を行った(SE,N0,H2,P0,M0,fStage IV)。補助化学療法としてS─1+oxaliplatin(SOX)療法を6 コース行うも再発を認めたため,進行性再発大腸癌の一次治療としてSOX+bevacizumab(Bev)療法を行った。10 コース後PD となり,二次治療としてirinotecan+S─1(IRIS)+panitumumab(Pmab)療法を選択し,血液検査や画像上では明らかな抗腫瘍効果を示した。IRIS+Pmab 療法は薬価が低く,ポート管理を必要としないなど利点が多く,患者の個別状況に応じた治療法として二次治療における有用性が示された。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access