S─1/CDDP による術前化学療法にて組織学的完全奏効が得られた高度リンパ節転移を有する進行胃癌の1 例

This article is available for purchase

症例は55 歳,男性。十二指腸潰瘍にて近医入院中に施行した腹部CT で,膵頭部に径35 mm の腫瘤を認め膵癌疑いで当科紹介となった。FDG─PET/CT では,胃幽門部と前庭部周囲にFDG の異常集積を認めた。上部消化管内視鏡検査にて幽門部大弯に3 型病変を認め,生検ではpor2>tub2 であった。膵頭部の腫瘤は#8a リンパ節の腫大と考えられ,胃癌: cT3,N2,H0,P0,M0,cStage IIIB と診断した。bulky リンパ節の膵浸潤が疑われたため,S─1(80 mg/m2: 3 週投与2 週休薬)+CDDP(60 mg/m2: day 8 に点滴静注)による術前化学療法を2 コース施行した。臨床的治療効果はPR であり,幽門側胃切除・D2郭清術を施行した。病理組織学的検査所見では,原発巣・リンパ節を含めていずれにも癌細胞の遺残を認めず,組織学的効果はGrade 3 と診断した。術後1 年間のS─1 補助化学療法を行い,術後4 年6 か月無再発生存中である。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access