結腸癌術後補助化学療法が奏効した早期胃癌の1 例

This article is available for purchase

症例は63 歳,男性。便潜血反応陽性のため下部消化管内視鏡検査を施行し,進行S 状結腸癌の診断となった。術前精査目的の上部消化管内視鏡検査では,胃体下部大弯側に8 mm 大の早期胃癌を認めた。予後規定因子からS 状結腸癌の治療を優先し腹腔鏡補助下S 状結腸切除術,D3 郭清を施行。病理組織診断はStage II であったが,脈管侵襲陽性であり,また早期胃癌にFU 系抗癌剤が有効であった報告もあることから,UFT+LV 錠による大腸癌術後補助化学療法を胃ESD に先行して施行した。胃癌は内視鏡的に経過観察を行い,2 か月後には平坦化,縮小した。さらに5 か月後にはほぼ消失し瘢痕となり,生検でも悪性所見は認めなかった。化学療法は6 か月で終了し,終了後9 か月目の内視鏡所見では早期胃癌は完全に瘢痕化し,生検でも悪性所見は認めていない。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access