術前化学療法により組織学的完全奏効を得た進行胃癌の1 例

This article is available for purchase

症例は77 歳,女性。T3N2M1(LYM),Stage IV 進行胃癌に対して,術前化学療法としてDCS 3 剤併用療法を施行した。docetaxel(DTX 40 mg/m2,day 8),cisplatin(CDDP 60 mg/m2,day 8),S─1(80 mg/m2,day 1~21)を5 週ごとに2 コース施行した。1 コース目にてGrade 2 の好中球減少を認めたため,2 コース目は80%量にて投与を行った。化学療法後のCT にて,胃壁の肥厚は消失し,またリンパ節は著明な縮小を認めた。手術は,開腹にて幽門側胃切除術,D2 リンパ節郭清,16 番リンパ節サンプリング,Billroth I 法再建術を施行した。切除標本の病理組織学的検索においては,胃およびリンパ節いずれにも癌細胞は認められなかった。手術後5 週目よりS─1(80 mg/day,2 週投薬1 週休薬)内服を開始し,現在術後1 年,明らかな再発兆候は認めていない。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access